大野ヤングライオンズ【公式】

大野ヤングライオンズは筑紫少年野球サンデーリーグ連盟所属の少年少女野球チームです

ちびマッチ選手権予選リーグに参加しました。

2017/01/16

大野ヤングライオンズの低学年の子ども達は、ちびマッチ選手権の予選リーグに挑んでいます。

ちびマッチ選手権の予選リーグを簡単に説明すると、1グループ4つのチームが、総当たりで対戦し、上位のチームが決勝トーナメントに進めるという大会です。

詳しくは、ちびマッチHP(外部)をご覧ください。

1試合目は姪北ジュニアファルコンズ様

9月22日に今津運動公園にて、ちびマッチ選手権の予選リーグ1試合目を行いました。

試合結果は

1-22

で惨敗という結果でした。

それでも、子ども達は連日の試合や練習で力は付けているなと分かった試合でした。

初回に1点を献上するも、その裏の攻撃ですかさず1点をもぎ取る試合の入りで、いつもと違うかも!!と抑えきれない興奮を感じましたが、2回以降は相手チームのペースにハマってしまいました。

この日は、投手陣が踏ん張りきれず、点数を献上するという言葉がぴったりの1日となってしまいましたが、それ以外では収穫も多かった1日だと思いました。

特に打撃面では、この試合より以前に対戦させていただいた二日市ジュニアーズ様の投手を打ち崩せずに四苦八苦しましたが、今回も試合の流れで言えば一緒でした。相手投手を攻略できずにズルズルと点差が開くばかり。

それでも、相手投手が投げた球を、合わせるところまでは出来るようになってきたのは、今後に繋がる試合になったのではないかなと思います。

点数の結果だけを見ると、春先から成長がないように感じてしまいますが、それでも中身は全く違うものになっています。

今回は対戦相手の姪北ジュニアファルコンズ様が上手で、対戦相手のピッチング練習の時に「うわ、早ッ!」という、心に留めておいて欲しい声がベンチから聞こえてきていましたが、それでも合わせられるようになってきたのですから成長していると言っても大袈裟ではないと思います。

私自身も勉強になることが多かった1日でしたし、子ども達もこの試合を通じて学べたのではないかなと思います。

最後となりましたが、姪北ジュニアファルコンズの皆様、グラウンドのご用意とご準備、誠にありがとうございました。

2試合目は大牟田イーグルス様

9月25日に白銀川調整池公園にて、ちびマッチ選手権の予選リーグ2試合目を行いました。

試合結果は

1-6

で、内容としてはなんともモドカシイ気持ちになる試合でした。

この日も序盤はシーソーゲームとなりました。

1回の表裏は両チームとも0点で凌ぎ、2回はお互いに1点ずつを奪い合う内容となりました。

試合は動いたのは3回裏の大牟田イーグルス様の攻撃。一挙5点を奪われる試合となり万事休す。そのまま4回5回と無得点のまま試合が終了してしまいました。

ただ、投げてはシュウヤのピッチングが光り、打撃ではタスクが2回に2ベースヒットを放つなど、今までよりエラーが少なく、また点数の獲り方も相手のエラーに付け込んでというよりも、打ってもぎ取った1点でしたので、その点はプラスに見れるのではないかなと思っています。

最近の試合を間近で見ていて、4年生の子ども達がボールに当てる技術が付いてきたのは大きな成長材料だと思っています。

それでも、この2試合を見てきて感じているのは成長しているんだけどなぁという気持ちです。

勿論、対戦してくださるチームの子ども達も必死に練習に励んでいますので、そう簡単には勝たせてはくれません。

それでも、成長の手応えを感じているにも関わらず結果が付いて来ないというのは、少しの焦りを覚えずにはいられません。

子ども達は一生懸命に頑張っていますので、その頑張りに報いることができるように、私も頑張っていきたいと思います。

最後となりましたが、大牟田イーグルスの皆様、グラウンドのご用意とご準備、誠にありがとうございました。

ギャラリー

誠意製作中です。今しばらくお待ちください。

-低学年
-