大野ヤングライオンズ【公式】

大野ヤングライオンズは筑紫少年野球サンデーリーグ連盟所属の少年少女野球チームです

柴田春雄杯に出場しました【1回戦と2回戦】

2016/07/22

こんにちは、大野ヤングライオンズです。

7月16日(土)に、雨で順延になっていた柴田春雄杯が行われ、4年生以下の子ども達が挑みました。

1回戦の相手は、二日市ジュニアーズ様。強豪チーム相手に、どこまでできるのか心配していましたが、めでたく勝利を収めることができました。

2回戦は、片縄ビクトリー様。こちらは...いつもの大野ヤングライオンズ低学年チームの悪いところが出てしまい大敗となりました。

1回戦 vs二日市ジュニアーズ様

2016.7.16 天拝湖グラウンド

- 1 2 3 4 5 合計
二日市ジュニアーズ 0 2 2 0 3 7
大野ヤングライオンズ 0 6 1 3 × 10

それぞれ初回は0点に抑え、抑えられ、という拮抗した試合の入りになりましたが、2回に先行の二日市ジュニアーズ様に先制点を許す苦しい展開。小さなエラーも絡み、いつもの負けパターンとなりそうな流れになりました。

ただ、これまでの試合とは違い、2回裏の大野ヤングライオンズの攻撃はまさかの連続。

ここまで1試合平均で3本程度(※WEB広報体感)のヒットしか生まれなかった当チームですが、2回裏はヒットが連発。相手の小さなエラーなども絡み、4回までに10点と、1試合2桁得点を入れることは初めてのこととなりました。

4回裏の大野ヤングライオンズの攻撃が終わった時点で10-4と大きく点差を広げて最終回を迎えました。

明らかに高揚するベンチスタッフと子ども達。それもそのはず。大野ヤングライオンズの低学年の子ども達は、練習試合も含めて今年は未だ1勝も挙げることはできませんでしたので、ここで勝つと2016年初勝利となります。

ただ、ここで勝ち急いだのか、5回表の二日市ジュニアーズ様の攻撃では、振り逃げホームランを献上するなど、なんだか雲行き怪しくなり始めました。

それでも、この試合を一人で投げ抜いた たいち の気迫の投球で最終回の相手の攻撃をなんとか凌ぎきり、初勝利を手にすることができました!!

今年初めての練習試合から約5か月程経過しましたが、ここまで負けてばかりの子ども達も整列前に喜びが爆発。大会を優勝したようなガッツポーズを見せていました。

これにはベンチスタッフ苦笑い。試合後の反省会では、試合が終わった直後にあんなに喜んではダメだよと教えましたが、反省会中もドヤ顔の子ども達。

この勝ちをきっかけに、勝つことの喜びや負けることの悔しさをより一層理解してくれたらいいのですが...。

2回戦 VS片縄ビクトリー様

2016.7.17 天拝湖グラウンド

- 1 2 3 4 5
大野ヤングライオンズ 2 1 0 0 0 3
片縄ビクトリー 9 1 5 3 × 18

この日は、WEB更新を行っている私がお休みをいただいたために、詳しい試合内容は分かりませんが...いつもの負けパターンが炸裂。

フォアボールで出塁されると盗塁からのパスボールで1点。片縄ビクトリーの子ども達のバントの上手さなども加わり、結局は相手の上手さに完敗だった模様です。

片縄ビクトリー様のブログに詳細がアップされていましたので、そちらも併せてご覧ください。

悔しいけれど今の大野ヤングライオンズの低学年の子ども達の現状です。エラーの連鎖がチーム全体に及ぶようになるといつもの負けパターン。立て続けにエラーを重ねると、ドンマイ!よりも、ちゃんと獲ってよ!という声が聞こえてきたり...。技術的なこともそうですが、その前に、精神的なフォローも必要なのかなと思います。

ただ、県大会出場は決めました

2回戦敗戦とはなりましたが、、、

実は柴田春雄杯の県大会出場は決めました!!

と、あまり喜べる出場ではないのかもしれませんが...。

今回出場した支部予選のトーナメントブロックからは8チームが県大会へ進めるそうで、1試合目の試合前に審判団から1試合勝てば県大会出場だよと教えられたそう。

16チーム参加中の8チームなので、必然的に1回戦を勝ちあがると県大会へ進める仕組みになっていました。

1回戦勝てば県大会出場とは拍子抜けとやや恵まれた感のある出場ですが、県大会は県大会。今以上に練習を行って、県大会では多くのハイライトシーンを作っていけるように頑張っていかないといけませんね。

もうすぐ夏休み...。

アツい夏はまだ始まったばかり!!!

ギャラリー

※一部写真に加工を施しています

-低学年
-